オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
利用と利点
投資する

景気の回復によって明るい話題も多くなっており、最近のニュースでは給与のアップや待遇の改善なども行われるようになっています。
景気の回復で投資にも関心を持たれる人が多くなっており、サラリーマンだけでなく主婦の方なども投資を行われるようになっています。
投資の種類も多くあり、どの投資を行えばよいかで悩まれている人もみえますが、話題になることも多い投資の方法として不動産投資が注目をされています。

サラリーマンの方では仕事で忙しくて時間の世湯のない人もみえますが、不動産投資では大家になることもできて、お得になる話題も多くあります。
実際に不動産投資をされて大家になっている人では、仕事で時間のない人でも不動産の管理を任せておけるので、以前と変わらないように仕事に集中することができます。
色々な企業で不動産投資を紹介されているので、内容をしっかりと把握されて信頼できる投資先を選ぶことが重要になり、不動産投資の方法も勉強されておくと利益につながるようになります。

大家になる方々

大家と言えば資産家という図式が成り立っていた時代もありましたが、長引くデフレや金融緩和を受け、サラリーマンが大家として不動産投資をするケースが増えてきました。
現在では、株式投資をする人の数のおよそ4分の1にあたる数の人が、不動産投資を行っているという統計もあります。
この背景にあるのは、金融緩和によって、銀行が法人向け融資で収益を上げることが以前に比べ難しくなってきたという事情があります。
法人は借入金利にシビアですので、金融緩和で市場金利が下がれば、銀行の利ざやはどうしても減ってしまいます。
この結果、主力だった法人向け融資に頼れなくなった金融機関が、個人向け融資に力を入れるようになり、サラリーマンが住宅ローンを利用して投資用不動産を購入することが容易になりました。

また、不動産業界でも、投資用不動産の売却に力を入れてセミナーなどを頻繁に開催するようになり、不動産投資に興味を持つサラリーマンの増加に貢献してきました。
消費税などの増税や高齢化に伴う社会保険料負担の上昇、将来の年金額や受給開始年齢などが不確定になってきている国の財政に対する不安も、サラリーマンが不動産投資に踏み切る要因の一つになっています。
加えて、相続税の増税も、サラリーマンの不動産投資にとって追い風となりました。
というのは、相続した不動産を賃貸に出している場合、相続税の計算に際し賃借権が存在していることから評価額が大幅に下げられるからです。

カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031